城下うどんとは 製造工程 商品のご案内 おすすめレシピ ホーム



  鎌倉時代の昔、守護が置かれた「出羽国稲庭城下」の地に、300年余り前に興った稲庭うどんは、佐竹の「お屋形様」の庇護を受けて育ち、歴史と伝統と誇りで造り続けられみちのく秋田の里に残る手造りの麺です。捏ねて、手綯いし、延ばすその工法こそ伝承独特の味を醸し出し精魂込めて造ってございます。グルメの味を堪能される方々の温かく、末永いご愛顧を賜りますようお願いいたします。  





ご注文からお届けまで | 訪問販売法に基づく表示 | 会社案内 | お問い合せ


ホーム