城下うどんとは 製造工程 商品のご案内 おすすめレシピ ホーム



  熟達した職人達が1本1本手作業により大切に造っております。


小麦粉に塩水が十分に混ざるように練り上げ生地を丸めます。丸めた生地を平らにつぶし熟成させます。



厚さ20mmほどに圧延し、細切りにして、 渦巻状にたらいの中に巻いていき、ビニールをかぶせ熟成させます。



2本の棒に”8”の字になるように綾掛けをします。この行程が一番重要な部分であり、手綯いの妙とされています。



手綯いされた生地を棒で転がしながらつぶし、平らに仕上げます。
竿に掛け少しずつ延ばします。倍以上に延ばし、翌日本乾燥します。



各寸法に切ります。
乾燥後、太いものや曲がったものは規格外とされます。手延べうどんでありながら選別するのは、全国的に見ても稲庭だけではないかと言われています。
上へ



ご注文からお届けまで | 訪問販売法に基づく表示 | 会社案内 | お問い合せ


ホーム